商品情報にスキップ
1 1

Forema

猪肉 切落としMサイズ(ペット用)

猪肉 切落としMサイズ(ペット用)

通常価格 ¥1,760 JPY
通常価格 ¥1,760 JPY セール価格 ¥1,760 JPY
セール 売り切れ
(税込)
サイズ

新鮮な野生の国産猪肉 ペット用を250 x 2パックでお届けします

ペット用の猪肉
写真はイメージです。季節や産地によって、形や色合いは異なります

日本の山林(主に西日本)で捕獲された野生の猪のお肉。完全無添加でヘルシーなペット用優良食材です。部位は切り落としの混合で、カタやモモ、スネ(ふくらはぎ)などを250gパックに小分けし、合計500gを冷凍でお届けします。

  • 内容:250gパック x 2
  • 種類:ニホンイノシシ
  • 産地:西日本/九州各県/四国各県
  • 部位:切り落とし混合

猪のお肉はビタミンB群が豊富。牛肉や豚肉の2倍ほどが含まれています。コラーゲンや必須アミノ酸のスレオニンに加え、アンチエイジング効果の高いイミダペプチドの一つであるカルノシンや、細胞の老化を防ぐとも言われるコエンザイムQ10が豊富という事も分かっています。(参考記事:猪肉は美容食)

Forema から出荷しているペット用の猪は人間が食べても問題ない品質のものです。Forema スタッフも日常的に試食をしながら品質チェックを行なっています。

◆ スタッフコメント
 
スタッフコメント
 

猪の味を楽しみたかったので塩胡椒、料理酒ひとかけ、醤油ひとかけのシンプルな味付けで食しました。 私が食べた春頃の猪肉は、弾力があり、且つ噛み切れやすく食べやすかったです。小さく刻んで1歳の息子もたくさん食べました。

→ 便利でお得な定期便

猪のお肉はウイルス保有のリスクがゼロではないため、要加熱でお願いします。

ユーザーさんの活用事例

 

猪肉を使った犬ご飯レシピ

猪肉を使った 犬ご飯レシピをご用意しました

猪肉ともやしのさっぱりごはん

猪肉ともやしのさっぱりごはん

茹でるだけで出来ちゃう簡単メニュー(*'▽')人間はお肉をしゃぶしゃぶにして胡麻だれでいただきました♡

材料:猪肉, もやし, 豆苗,
★付け合わせ野菜★:人参, さつま芋, オクラ, ごぼう

レシピを見る

ふわふわ玉子と猪肉の中華風スープ

ふわふわ玉子と猪肉の中華風スープ

ごま油の香りが食欲をそそる!ふわふわ玉子とトロトロ春雨の喉越しの良いスープです♪

材料:猪肉, 玉子, 春雨, きくらげ, みつば, ワカメ, 白ごま, 本葛粉, ごま油

レシピを見る

ペットは猪を食べるの?

ペット用の野生動物は鹿肉が有名ですが、猪肉も非常に有益な食材です。自然界においては、鹿・猪の天敵は狼(=犬)で、猪を食べるという行為は古来から犬のDNAに刻まれてきた食習慣。猪を食べるのに適した肉体・内臓へ進化してきたのだと言えます。

猟師さんらも狩猟には犬を活用しており、仕留めた猪をそのまま食べさせることは多いそうです。そんな犬たちは筋骨たくましく、毛並みも良好で健康体そのものなのだとか。(特に内蔵系は自然界においては超優良色で、狼も熊も、そしてライオンなどのネコ科の捕食動物も内蔵を最初に食べます)

よって猪肉は猟犬や大型犬向きと思われがちですが、実際には小型犬も普通に喜んで食べるもの。猪の産地が西日本に偏っている点と、単価が高止まりしやすいためにペット用に普及してこなかった背景があります。全体の傾向としては、鹿が好き・猪が好き、といった好みの傾向は分かれるものの、双方ともにペット向きの健康食材だと言えます。

参考記事:ペット用の猪の生肉について

産地について

庄原市
広島県北の寒冷地帯、庄原市の雪景色。ヒバゴンで有名な地域

Foremaの提携している西日本の産地(九州〜中国/四国エリア)の猪を出荷しています。猪は雑食だけに、その山で食べられるものをどんどん体に取り込んでいきます。よってその山の状態を目に見える形で体現する生き物。豊かな山では木の実をやどんぐりなどをふんだんに食べて丸々と太っており、逆に山が痩せた地域(荒れた土地もしくは広葉樹の少ないエリアなど)では肉質も大きく劣ります。

Foremaで出している産地は豊かな地域ばかりなので、ペット用であっても質の高いお肉が出荷されています。

尚、猪はミミズを食べるというイメージを持たれがちですが、それはどうしても食べ物がなくなった時の事。そういう個体(肉食性に偏った個体)は雑味が増えて不味いとされています。漁村近くで廃棄された魚を食べた猪なども「不味くて食べられない」と断言する猟師さんがいるほどです。

ペット用とは?

Foremaから出荷するお肉は、保健所から営業許可を得た野生鳥獣解体所で解体処理されたものです。特にペット用という区分があるわけではありませんが、硬かったり切れ端だったりなどの理由で人間用途よりも品質が落ちるもの(※)を「ペット用」として活用しています。

※質が落ちると、食べられる品質でも廃棄となってしまう事が多いです。衛生基準的にも人が食べても問題ありません。

与え方・注意事項など

最初は生肉で与えず、少量ずつ火を通してから少しずつ慣らしていってください。好き嫌いや合う合わないなどの個体差があります。与え方や量など、飼い主の方が適宜判断をお願いします。初めての場合は、お肉が強すぎて食べすぎると体調を崩す事例もあります。少量から始めてください。

詳細を表示する

___レビュータイトル___

___レビュー内容___
投稿日: ____/__/__ by ___投稿者表示名___
___回答___
この商品のレビュー (___商品レビュー数___)
レビューはありません