商品情報にスキップ
1 3

Forema

鹿肉 切落としMサイズ(犬用/猫用)

鹿肉 切落としMサイズ(犬用/猫用)

定番の売れ筋、鹿肉Mサイズパック。新鮮な野生種はもちろん無添加。幼犬/猫の成長サポート、老犬/猫のスタミナ食、成犬/猫の日常食にぜひ。

通常価格 ¥3,180 JPY
通常価格 ¥3,180 JPY セール価格 ¥3,180 JPY
セール 売り切れ
(税込)
商品カテゴリー >>
鹿肉/猪肉

野生の国産鹿肉 ミドルパック

鹿肉切り落とし
写真はイメージです。季節や産地によって、形や色合いは異なります。

鹿肉の切り落とし冷凍。各種部位混合の品です。健康不安や肥満対策、その他ペットの滋養強壮に天然育ちの無添加食材をお試しください。

  • 内容:250gパック x 2〜4
  • 種類:ホンシュウジカ / キュウシュウジカ / エゾシカ
  • 産地:西日本/九州各県/四国各県/長野県/北海道
  • 部位:切り落とし混合

高タンパク/低カロリーの天然のお肉

鹿肉は高タンパク低カロリーの健康食。鉄分も豊富かつ青魚に多く含まれるDHAまで含む、とっても欲張りなお肉。また、モモ肉には疲労回復成分のバレニン(渡り鳥や長距離回遊魚に多く含まれる成分)が含まれれている事も分かってきました。

アレルギー反応も出にくい傾向があり、療養食としても需要の高いお肉です。

※Forema から出荷しているお肉は人間が食べても問題ない品質のお肉です。Foremaスタッフも日常的に試食して品質チェックを行なっています。

→ 便利でお得な定期便へ

ユーザーさんの活用事例

 

鹿肉はどんな犬/猫に適している?

鹿肉は滋養強壮に最適なお肉。特に成長期の1歳未満の幼犬/猫や、逆に食欲の落ちたシニア個体にとっても有益な食材です。もちろんそれ以外の年齢の場合でも日常食で活躍。自然界では鹿の天敵はオオカミ(=犬の先祖)で、犬が本来食べていた無添加のお肉こそが鹿肉です。

私たちも試食しています!

鹿肉のトマト煮込み
人間が食べても美味しいお肉です

私たちは、出荷しているお肉を日常的に試食しています。時々スタッフ価格で購入し、普通に夕食で使ったりもします。高級肉にはかないませんが、いつも美味しくいただいています。

鹿肉を使った犬ご飯レシピ

鹿肉を使った 犬ご飯レシピをご用意しました。

鹿肉を使った犬のレシピ

初心者さん向け☆まごわやさしいde犬ご飯

栄養バランスが心配...。でもトッピングや手作りご飯が気になる...。そんな飼い主様むけに、皆が知ってる「まごわやさしい」を、身近な食材で作ってしまう「簡単犬ごはん」です(o^^o)

材料: 鹿肉 【ま】納豆 【ご】黒ごま 【わ】ワカメ 【や】野菜 【さ】煮干し 【し】椎茸 【い】さつまいも 亜麻仁油

レシピを見る

鹿肉を使ったきのこ汁

鹿肉を使ったきのこ汁

秋の味覚、きのこをたっぷり入れて「きのこ汁」にしました。

鹿肉,なめこ,しいたけ,えのき,白菜,小松菜,カボチャ,レンコン,スナップエンドウ,パプリカ(赤&黄),出汁パックの中身,白すりごま

レシピを見る

アレルギーで鹿肉にたどり着いた飼い主さんへ

アレルギーがひどく、食べられるものが少ないという理由で野生の鹿や猪のお肉にたどり着く飼い主さんがとても多いです。

野生種の鹿肉/猪肉ではアレルギーが出ず、体調が良くなる子は多い一方で「なぜアレルギーがひどいのか?」という根本の解決は置き去りにされがちです。そして、加齢と共にやがて鹿や猪でもアレルギーが起こってくるという事例も少なくありません。

アレルギーの根本は腸内細菌組成の撹乱にあります。私たちは犬と猫の腸内細菌分野のスペシャリストでもあります。

お腹の不具合やIBDをはじめとする自己免疫疾患にお悩みであれば、お気軽にチャットボタンからご相談ください。

>> Forema の腸内細菌解析

愛犬/愛猫用鹿肉に関するトピックス

鹿肉ブロック 犬用
鹿肉ブロック 愛犬用/愛猫用

ペット用とは?

Foremaから出荷するお肉は、保健所から営業許可を得た野生鳥獣解体所で解体処理されたものです。特にペット用という区分があるわけではありませんが、不人気の部位だったり切れ端だったりなどの理由で飲食店用の出荷に向かないもの(※)を「ペット用」として活用しています。

※食べられる品質なのに廃棄となってしまいます。当然衛生基準的にも人が食べても問題ありません。

与え方・注意事項など

少量ずつ火を通してから少しずつ慣らしていってください。好き嫌いや合う合わないなどの個体差があります。与え方や量など、飼い主の方が適宜判断をお願いします。お肉が強すぎて、食べすぎると体調を崩す事例もあります。一番最初は緩やかに始めていただく事をお勧めします。

(参考記事:とても気になる鹿肉の話。ペット用と人間用の違いって何?

産地と鹿の種類について

大豊町の風景
四国山地の中央にある大豊町の景色

産地はForemaの提携する中四国・九州・四国の産地のものを中心に出荷します。在庫がない場合は北海道産や北陸/信州などの場合もあります。種類は、本州であればホンシュウジカ、九州・四国であればキュウシュウジカ、北海道はエゾシカとなります。これらは亜種の間柄で、基本的には体の大きさで分類されています。

肉質や味は地域によって違いがあり、それは気候だったり森林環境、食べているものなどに影響されるので千差万別です。野生動物なので日本の気候風土そのものに由来するものだと言えます。

鹿肉のペット事例

ひだまりで眠る琉球犬MIX 小次郎さん
ひだまりで眠る琉球犬MIX 小次郎さん
良い事例
  • 毛も抜けて先が短いと思われていた老犬が、鹿肉を食べ始めてからみるみる元気になり、抜け毛も収まった上に毛並みが良くなった。
  • 歳をとって食欲がなくなったが、鹿肉を食べはじめて見違えるように食欲が旺盛になった。
  • 肥満気味だったが適度に肉が落ちたようだ。
よくない事例
  • アレルギー反応が出てしまった(→ 体に合わない時はご使用はお控えください)
  • 皮膚が荒れて痒がるようになった。獣医さんに診てもらったところ、鹿肉の食べすぎを指摘され、量を減らしたところ収まった。(→適量の見極めが大切)
  • 食べ過ぎてお腹を壊した(→少しずつ慣らす事で解決)

(参考記事:鹿肉は愛犬/愛猫のアレルギー対策となりうるか?)

詳細を表示する

___レビュータイトル___

___レビュー内容___
投稿日: ____/__/__ by ___投稿者表示名___
___回答___
この商品のレビュー (___商品レビュー数___)
商品レビューをお待ちしています(1レビューにつき 50Pt プレゼント)