商品情報にスキップ
1 3

Forema Nature 腸内細菌 (犬用/猫用)

Forema Nature 腸内細菌 (犬用/猫用)

7 レビュー数の合計

腸内細菌育成成分のオリゴ糖2種と乳酸菌(死菌)をたっぷり使用。食物繊維の多糖類を多く含む寒天でとろみをつけた腸活フードです。

通常価格 ¥594
通常価格 ¥594 セール価格 ¥594
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
個数

味方となる腸内細菌の育成を主眼に設計しました

オリゴ糖と乳酸菌
2種類のオリゴ糖と2種の乳酸菌(死菌)
送料:
  • 8個まで:ネコポス 385円(全国一律)
  • 10個まで:宅急便コンパクト 660円〜
  • 10個以上:宅急便 930円〜

保存料や香料、着色料など一切不使用の無添加ウェットフード Forema Nature(フォレマネイチャー)シリーズに、プレバイオティクス(オリゴ糖2種)と乳酸菌2種(死菌)をたっぷり配合(※)した「Forema Nature 腸内細菌」。

最大の免疫器官である大腸を支えるのは、そこに生息する膨大な数の腸内細菌たち。中でも体にとって有益な働きをするグループにとって、「オリゴ糖」と「乳酸菌(死菌)」は絶好のエネルギー源となります。高タンパク低カロリーの「鹿肉」+「腸内細菌のエサ」で、内側から健康を強化します。

※人間で腸内環境への影響が確認できたのと同じ比率で含有。1パックあたり「5kgの個体2日分」の成分を配合。

原材料
  • 内容量: 1パック 100g
  • 原材料: 鹿肉,水,フラクトオリゴ糖,ガラクトオリゴ糖,寒天,乳酸菌粉末2種(死菌)
  • 鹿の種類: ニホンジカ(日本の野生種)
  • 原産国: 日本
  • 保存方法: 開封前は常温/開封後はすみやかに使用 (高温になる場所、日の当たる場所での保管はお避けください)

成分について

2種類のオリゴ糖

オリゴ糖は野菜や蜂蜜、乳糖など、自然界の食物に含まれる成分で、難消化性の食物繊維の一種でもあります(少糖類)。そのため胃や小腸でも消化/吸収されず、ほぼそのまま大腸まで到達し、そこで有益な細菌群の餌になります。

乳酸菌など腸内の味方たちに好まれるオリゴ糖

オリゴ糖は、宿主にとって有益な細菌たちにのエサとなります。結果として、腸内のバランスは健康維持に望ましい状況に整えられ、整腸に貢献します。

とは言え、

腸内細菌にはたくさんの種類が存在します。細菌たちにも好き嫌いがあるため、1種ではなく2種のオリゴ糖を配合する事で、より広い範囲をカバーしています。

2種類の乳酸菌(死菌)

「Forema Nature 腸内細菌」で採用している乳酸菌(死菌)は、生きた乳酸菌に加熱処理を加えて成分を安定させたもので、腸内においても有用な働きをします。

生きた乳酸菌は有益な働きをしてくれる一方で、加熱加工できない弱点があります。が、ここで採用している2種の乳酸菌(死菌)は、死菌の状態でも可能性が確認されているものを採用しています(※)。

※乳酸菌は、死骸であってもそれ自体が他の有益な細菌たちの餌になり、それを食べたグループが増殖しながら別の有益な成分を吐き出します。それがまた別のグループの餌になるという連鎖で、好循環につながります。

寒天(多糖類)

Forema Nature の"とろみ"は寒天を使用しています。寒天の原材料は海藻で、豊富な多糖類を含みます。

「多糖類」は食物繊維の一種ですが、オリゴ糖などの「少糖類」とは構造が異なり、影響を与える腸内細菌の種類も異なります。

少糖類と多糖類の双方を摂取することで、腸内の「幅広い味方たち」のエサとなり、宿主の健康維持に貢献してくれます。

製品情報
内容量 100g(1パック)
原材料 鹿肉 / 水 / 寒天 / オリゴ糖2種 / 乳酸菌(死菌)2種
鹿の部位 混合
鹿の種類 ニホンジカ(ホンシュウジカ/キュウシュウジカ/エゾジカ)
原産国 日本
形状 レトルト(加熱殺菌処理済み)
保存方法 開封前は常温/開封後はすみやかに使用
(高温になる場所、日の当たる場所での保管はお避けください)
備考 保存料や香料、着色料などは一切使用していません。
用途 犬用/猫用のウェットフード

お肉は「人間でも食べられる品質のお肉(※)」を使っています。
※スタッフも頻繁に試食しています。

成分表示
水分 83.75%
粗たんぱく質 14.57%
粗脂肪 0.89%
粗繊維 0.02%
灰成分 0.72%
可溶無窒素物 0.05%
総エネルギー 92kcal/100g
代謝エネルギー 59kcal/100g

マイクロバイオーム/腸内細菌について

この頃よく聞く「腸内フローラ」という言葉。世界的には「マイクロバイオーム」 の名称が一般的で、再生医療と同様に非常にホットな領域です。

アレルギー対策においては、人もペットも低アレルゲンの食事に切り替えていくのが一般的な治療ですが、そもそもなぜアレルギー反応(=免疫の誤作動)が起き、しかも年々増加&若年化し続けているのか?私たちはその根本にこそ主眼を置いています。

世界中の先端研究において、アレルギーを含む「自己免疫疾患」と「マイクロバイオーム の撹乱」には強い相関関係があることが突き止められています。そして撹乱の根本の理由は欧米式の高脂肪食や幼少期(そして母体)における抗生物質の濫用である事も...。

従来、成長後のマイクロバイオーム の改善は困難とされてきました。が、近年では食事を変えることで比較的短期間で腸内細菌の組成が(一時的ではありますが)変わることが分かっています。その食事内容を維持し続ける事で、結果的には長期的な健康状態の維持が可能になるでしょう。

私たちは、対処療法ではない、未病領域に貢献できる良質な食事の提供を目指しています。

(関連記事:愛犬のマイクロバイオームケア Forema Nature 腸内細菌について)

重要! 注意事項

最初は「一定の確率」でお腹が緩くなります

おなかが緩くなるのは正常な反応です。大量に餌を与えられた「有益な細菌たち」が腸内で急激に活動を活発化させるために起こります。個体(=腸内の状況)によって異なりますが、お腹がゴロゴロする、下す、ガスがたくさん出る、などの症状が見られます。通常は数日で治ります。

尚、Forema Nature は保存料など一切不使用のため、稀に常温下で劣化が起こることがあります。長期不使用の場合は冷蔵庫での保管が安全です。万一開封時に異臭がする場合は、速やかに廃棄の上、ご連絡ください。代替品をお送りします。

1日の使用量 目安

体重 5kg 10kg 20kg 30kg
70〜100g 100〜150g 200〜300g 300〜400g

お肉だけだと栄養が不足するため、野菜類もしくは総合栄養食との併用でご使用ください

手作り食ではなく総合栄養食との併用の場合、総合栄養食の量を減らしてバランスをとりながら、その子にあった量を飼い主さんが見極めてあげて下さい。

>> 犬用総合栄養食 Forema Basis

Forema Nature 腸内細菌の活用事例

詳細を表示する

商品レビューの注意事項

商品レビューには、病気が改善するといった内容は書かないようお願いいたします(※薬機法に抵触してしまうため)。

該当の表現があった場合、その箇所のみ適切な表現に改変させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

商品レビュー: ( 7 )
美味しそう
とっても美味しそうに完食しました。
おいしくて腸が元気になってくれたら、
一石二鳥ですね。
また購入したいと思います。
投稿日: 2024/03/27 by かなみ
↪︎ ショップからのコメント
美味しく食べてくれたようで何よりです。
体の中から元気になる事で健やかな毎日を応援しております。
満足
愛犬チワワの腸活用に購入。1人は心因性の過敏症。もう1人はアレルギー持ち。なので、お試し買い。良い感じです。他にも、こちらのショップさんには、腸活できそうな商品があるので、色々試してみたいです。
投稿日: 2024/03/17 by マメ
↪︎ ショップからのコメント
ワンちゃん達の腸活にご利用いただきありがとうございます。腸活を取り入れている飼い主さんに絶大な人気のウェットフードですのでぜひ続けていただきたいです。
トッピングに
ドッグフードのトッピングとして、Forema Nature 鹿と併用しています。どちらも大好物ですが、こちらの方がより好きみたいです。香りも良く、うちでは定番で欠かす事ができません。
投稿日: 2024/03/06 by びす
↪︎ ショップからのコメント
ご愛用ありがとうございます。プレーンのタイプとの違いは、オリゴ糖と乳酸菌です。こちらの方が好きという事は、ほんのり隠れた甘味が好きなのかもしれませんね。整腸にも貢献しますので、ささやかながらも健康長寿に貢献できればと思います。
爆喰い
これは美味しいそうに爆喰いします
薬を入れても食べてくれるので楽です
投稿日: 2023/12/03 by ゆうあやさん
↪︎ ショップからのコメント
爆食いありがとうございます!美味しいだけでなく、成分としてもかなり贅沢に入れていますので、引き続きお役に立てればと思います。
おいしそう
腸内細菌が育っているかどうかは目で見えないのでわからないですが、くいつきはいいです。猫なので少しずつ慣らし中です。バランスが偏らないようにカリカリと併用しています。少し太り気味なので、低カロリーの鹿肉を今後も続けたいです。
投稿日: 2023/08/27 by nelunelu
↪︎ ショップからのコメント
カリカリとの併用、とてもいい使い方ですね。この商品は見た目からは全くわかりませんが、一般的なフードと比べてもかなり濃い目にプレバイオティクス/乳酸菌(死菌)を使用していますので、腸内細菌たちには好影響が出ているはずです。