猪肉の生食について

猪肉の生食について

生食全般について、Foremaでは「推奨しない。同時に生食の否定もしない」というスタンスできましたが、猪については「要加熱」との立場に変更をいたします。

現時点で猪の生食をされている方は、加熱してご使用いただくようお願いいたします。

野生の猪を仕留めて食べた猟犬が、猪/豚を感染源とするオーエスキー病に感染して死亡した事例が過去にいくつかあります。

リスク回避のためにも猪のお肉は加熱をお願いします。オーエスキー病は犬や猫の感染事例こそ少ないものの、発症すれば致死率は100%とされるため、加熱における予防が最善と判断しています。

Related Posts

Forema サプリの使い分けについて
Forema サプリの使い分けについて
「種類が多すぎて、どれを選んでいいかわからない..」 サプリに関してそういったお声を頂くことが少なくないため、用途を表にまとめました。少しでも参考になれば幸いです。
Read More
猪のボーンブロス(犬用/猫用) 2サイズで販売開始
猪のボーンブロス(犬用/猫用) 2サイズで販売開始
野生の猪の骨をぐつぐつ煮込んだ、猪のボーンブロス(骨スープ)が、350ccと500ccの2バージョンで登場しました。 ボーンブロスとは、簡単にいえば骨のスープです。カルシウムやマグネシウムといったミネラル成分、アミノ酸などの栄養素、コラー
Read More
Forema Nature 腸内細菌 リニューアルしました
Forema Nature 腸内細菌 リニューアルしました
腸内細菌ケアを主眼に置いた、鹿肉ウェットフードの「Forema Nature 腸内細菌」がリニューアルして新たに販売開始しました。
Read More
記事一覧に戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。