老犬にオススメのジャーキー/トリーツ一覧 2021春

老犬にオススメのジャーキー/トリーツ一覧 2021春

ペット犬の長寿高齢化に伴い、老犬用の商品需要が高まっていると感じる今日この頃。ここでは老犬にオススメできるジャーキー類/フードをForema ラインナップの中からいくつか選んでご紹介します。

老犬におすすめしたいジャーキーなど一覧

鹿の肺ジャーキー

鹿の肺ジャーキー
鹿の肺ジャーキー

知名度のとても低い肺ジャーキー。肺そのものが食材として使えることが意外に感じられるかもしれません。肺は焼肉ではフワとも呼ばれ、牛の肺ジャーキーはペット用でも目にする機会が増えたように思います。その延長というわけでも無いのですが、鹿の肺ジャーキーは老犬の飼い主さんからの需要がじわじわと増えている商品です。

理由として、もともとクニュクニュした柔らかい臓器のため、ジャーキー加工をしても密度が低く麩菓子のような柔らかさがあるから。ビーフジャーキーや鹿肉ジャーキーなど、一般的なお肉のジャーキーは硬くて老犬には厳しいもの。昨今ではほとんど葉が残っていないくらいご高齢のペット犬も増えているため、柔らかなジャーキーはとても喜ばれています。

https://www.fore-ma.com/products/246

鹿の骨髄ジャーキー(粉末タイプ)

鹿の骨髄ジャーキー ボーンマロー
鹿の骨髄ジャーキー ボーンマロー

骨髄ジャーキーという名前自体、めったに耳にしないもの。これは文字通り骨髄をジャーキー加工したもので、骨をジャーキー加工後に砕いて髄の部分を「ふるい」にかけるという、なかなか手の込んだもの。

中,大型犬の若い犬であれば鹿骨ジャーキーなどを与えておくことで、やがて噛み砕いて髄の部分も食べてしまうのですが、老犬だとそうは行きません。一方で、骨髄は栄養満点の優良部位。老犬のために「美味しいとこ取り」をしたのがこの骨髄ジャーキーと言えます。もちろん子犬や子猫にも使用可能(完全離乳したのちの食べ盛り期以降)。

骨を煮込んだ骨スープは「飲む点滴」と言えるほど栄養価の高いものですが、それをジャーキーで摂取するといったものですね。

https://www.fore-ma.com/topic/255

Forema Nature 腸内細菌

Forema Nature 腸内細菌
乳酸菌素材とオリゴ糖がたっぷり! Forema Nature腸内細菌

ジャーキーではないですが、オリゴ糖と乳酸菌素材をたっぷり配合した加熱済みの鹿ミンチウェットフードです。オリゴ糖と乳酸菌はよく聞くキーワードですが、この品の特徴は「たっぷり」配合されているという点。キャッチコピーではなく、腸内細菌の育成にゴリっと注力した商品です。

人間での実証実験で腸内細菌の組成が大きく改善された分量(=犬での検証でも健康改善が報告されている量です)と同じ比率で配合しています。この品は100gパックですが、この中に5kgの犬の1日分の量を配合しています。

人も動物も、歳をとると腸内細菌の組成が大きく変化をし、それが各種機能の低下や疾患への抵抗力低下に直結していることが近年の研究からわかってきています。まずはベーシックに、有益な腸内細菌にとっての良質な成分を摂取することが重要なように思います。

https://www.fore-ma.com/products/266

鹿のハツジャーキー

鹿のハツジャーキー
タウリンたっぷり。鹿の心臓(ハツ)ジャーキー

心臓をジャーキー加工したもの。ギュっとかたいので、お湯でふやかしてあげるのが良いです。ハツはタウリンを豊富に含む部位。タウリンというのは体の恒常性を保つもので、体温や血流などのバランスを適度に整える成分。健康なときには少々崩れても気にならない体内バランスを、しっかり整えてくれる成分です。

タウリン=疲労回復とやんわり認識されている方も多いかと思いますが、これは体内バランスが整うことで疲労回復が促進されると捉えるのが正解かもしれません。

https://www.fore-ma.com/products/245

鹿のレバージャーキー

鹿の肝臓(レバー)ジャーキー
鹿のレバージャーキー

最後に、近年知名度の高くなってきたレバージャーキーをご紹介します。これもハツジャーキー同様に、お湯でふやかしてあげるのが良いです。なぜ老犬向きかというと、内蔵随一とも言われる栄養素の高さ、そして先に紹介した骨髄ジャーキーとの同時摂取の恩恵が挙げられます。

レバー自体が栄養豊富な点は改めて記載する必要もないかと思います。一方、重要な微量栄養素のリンはカルシウムと一緒に摂取することで吸収率が高まることが知られています。つまり骨とレバーの同時摂取です。

両方とも、全体の食事の1割程度に留めておくのがよく、メインの食材に少量を足してあげることで老犬のメンテナンスに貢献します。

https://www.fore-ma.com/products/245

Foremaのジャーキーは天然のサプリ

上記でご紹介したのは、トリーツというよりも栄養補助としての側面が前面に出たもの。Forema の商品は全て野生種から頂いたものかつ、製造工程での添加物(保存料や香料、着色料など)は使用していないため、天然のサプリとしてご利用いただければと思います。

その他ジャーキー一覧は下記からご参照ください!

Forema のジャーキー 一覧

Related Posts

猪のボーンブロス 濃厚バージョンが登場しました
猪のボーンブロス 濃厚バージョンが登場しました
老犬の栄養補給や腸内ケアにも活躍する、猪のボーンブロス(骨のスープ)に「濃厚バージョン」が登場しました。 濃厚バージョンは少量しか製造できないため、在庫があった際には前向きにご検討ください。
Read More
よく分かる! 犬と猫の酪酸菌のお話
よく分かる! 犬と猫の酪酸菌のお話
健康志向の高い人たちから注目されている「酪酸菌(らくさんきん)」。近年では愛犬用/愛猫用に酪酸菌サプリの需要が増えてきたため、「犬と猫の酪酸菌」についてまとめてみたいと思います。
Read More
Forema サプリの使い分けについて
Forema サプリの使い分けについて
「種類が多すぎて、どれを選んでいいかわからない..」 サプリに関してそういったお声を頂くことが少なくないため、用途を表にまとめました。少しでも参考になれば幸いです。
Read More
記事一覧に戻る