犬猫用乳酸菌サプリ,ラクトマン

犬と猫の乳酸菌サプリ「ラクトマン」販売開始

アレルギーをはじめとする、愛犬/愛猫の不具合を全力でケアするプロバイオティクス サプリメント「ラクトマン」の販売を開始しました。

https://www.fore-ma.com/products/387

Forema の腸内細菌解析「byOm(バイオーム)」で蓄積された知見をもとに開発された、課題解決のためのサプリメントです。

ラクトマンの特徴
  • 23種類の乳酸菌群を配合(生菌21種/死菌2種)
  • 乳酸菌生産物質-バイオジェニックスもたっぷり配合
  • 数百頭の犬と猫の腸内細菌データを元に開発
  • 生きた細菌を使用しているため冷凍保存

    他の乳酸菌サプリと何が違うの?

    複合乳酸菌という勢力

    一般的な乳酸菌サプリは、1種類もしくは多くても2,3種類程度の乳酸菌種しか使用されていない事が多いですが、腸内免疫ラクトマンは23種類という大量の乳酸菌群を「1つの勢力」として配合してあります。

    腸内環境が荒れている個体の場合、乳酸菌は単一種で摂取しても力不足の事例が多くある一方、複数種の乳酸菌群として摂取した場合は、仮にノーブランドの乳酸菌であっても腸内での勢力維持が続きやすく、かつ周囲への好影響を与えやすい事がわかっています(※)。
    byOmでの複数の解析事例による

    異例の冷凍乳酸菌サプリメント

    乳酸菌を粉末で生きたまま維持するには、急速冷凍/乾燥による休眠が必須です。常温だと細菌たちは活動を再開し、しかしながら水分や食糧の枯渇から少しずつ死んでいきます。品質/効果を維持するためにも、粉末サプリとしては異例の冷凍商品としてお届けします。

    ラクトマン開発の背景

    私たちは腸内細菌解析サービス「byOm(バイオーム)」において、数百頭もの犬/猫の腸内細菌の実例を見てきました。深刻な状況にある個体の事例も多々見てきた中で、気づいた事がありました。

    それは
    「良いフード、良いサプリを使っているのに腸内に反映されていない..」
    という事でした。

    その中で特に目立ったのが乳酸菌サプリ問題で、大半の事例が下記の2点に該当しました。

    • 摂取した乳酸菌が腸内で全く検出されていない
    • 摂取した乳酸菌だけが腸内で大きく増えているが、腸内環境は全く改善していない

    多くの事例から見えてきた事、それは「乳酸菌は1種類では無力」という事でした。

    腸内に既に乳酸菌グループの勢力ができていれば1種類でも力になる場合がありますが、健康課題がある個体の場合は腸内に有益な乳酸菌勢力ができている事例は多くありません。

    ならば「勢力そのもの」を援軍として届ければいい。

    こういう背景からラクトマンは設計され、腸内の健康維持のためのプロバイオティクスとして登場しました。

    プロバイオティクスとは何か??

    「プロバイオティクス」とは、有益な細菌を生きたまま摂取する製品やサプリのことです。ヨーグルトや納豆、糠漬け、キムチ、そしてヤクルトなどの乳酸菌飲料もプロバイオティクスと言えます。

    これに対し、オリゴ糖やレジスタントスターチなど、有益な細菌たちのエサとなるものを「プレバイオティクス」といいます。(プロとプレの違い)

    これらの言葉は、細菌を殺すアンチバイオティクス(抗生物質のこと)の対義語として、90年代半ばに登場しました。

    微生物たちとの共生という理念を秘めた重要キーワードと言えます。

    腸内免疫ラクトマンは下記URLからご購入ください。

    https://www.fore-ma.com/products/387

    関連記事:

    Related Posts

    犬と猫に、オリゴ糖のリスクとメリット
    犬と猫に、オリゴ糖のリスクとメリット
    整腸サプリや健康食品で定番のオリゴ糖。良く耳にするけれど、リスクはないのでしょうか? ここでは、犬と猫にとって、オリゴ糖のリスク、そしてメリットを腸内細菌ケアの観点から記載します。
    Read More
    犬の乳酸菌サプリ/乳酸菌製品
    犬の乳酸菌サプリ/乳酸菌製品
    Forema から販売している犬の乳酸菌製品および、乳酸菌を使用した商品についてご紹介します。
    Read More
    猫にボーンブロスを飲ませてもいいの?
    猫にボーンブロスを飲ませてもいいの?
    近年、ペットの間でもボーンブロスが注目されはじめています。特に鹿のボーンブロスは流通が少ない一方で、自然食という背景もあって静かな人気を呼んでいます。 ここでは、愛猫にとっての鹿のボーンブロスの可否、メリットなどをお届けします。
    Read More
    記事一覧に戻る

    コメントを残す

    コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。