タウリン豊富な猪のハツ(心臓)、ペット用価格で販売開始

タウリン豊富な猪のハツ(心臓)、ペット用価格で販売開始

あまり流通しない、希少な猪の心臓。ペット用価格で販売開始です。

鹿の心臓に比べて猪の心臓の流通が少ないのは、生息数の多い九州エリアでは野生鳥獣の内臓出荷に規制があるため。鹿の場合は北海道でエゾシカが多く活用されているため、流通量に大きな差が出ています。

九州エリアの内臓規制は、あくまで人間用(飲食店出荷)の話なのですが、産地側で内臓を活用する行動様式が生まれず、結果としてペット用とでも出荷につながっていない背景があります。

部位としての心臓/ハツのメリットは

  • 低脂肪
  • タウリン豊富
  • ミネラル/ビタミンなどの微量栄養素が豊富

などなど。猪は、基本的には豚のお肉と同じ領域なのですが、家畜化される前のお肉のため、成分全般がよりヘルシーで、より栄養価の高いもの。

Forema から出荷の商品は、人間が食べても問題ない品質のものです。(飼い主さんも味見どうぞ!)

ご注文は下記のULRから

https://www.fore-ma.com/products/291

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。