新鮮な猪の内臓入荷しています♪

新鮮な猪の内臓入荷しています♪

冷凍なのに新鮮?

はい。

猪が搬入されて真っ先に内臓を取り出し、パッキング&急速冷凍して間もなく配達されるから新鮮なんです。

(お肉も骨もですが、内臓は一番最初です。)

そして、-20度の業務用冷凍庫とはいえ、

特に内臓系は美味しい時期にいち早くお届けしたいのです。

Foremaでは産地から送られてくるお肉も内臓も日々検品して出荷しているのですが、

 

「う、美しい」

 

「もはや造形美・・・」

 

というような内臓を度々目にします。

 

主に猟期しかこんなにたくさんはお目にかかれない内臓達。

狩猟される方々は、初日にまずはこの貴重な内臓を料理して食すのだとか。

さぞ美味しいことでしょう。羨ましいです。

 

そんな訳で、人間が美味しく食べれるこの希少な内臓のもつ

「臓物の独特の味わい」を是非パートナー達にも楽しんでもらいたいものです。

 

猪の肺

肺は、ご存知の通り呼吸器ですが、別名フワと呼ばれています。

マシュマロのようなふわふわとした食感が特徴です。ジャーキーにするとサクサクです♪

公式な成分としては世に出ていないのですが、

特に猪に近い豚の肺の成分を上げると、タンパク質、脂肪、カルシウム、リン、鉄、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれる部位になります。

肺欠乏症の咳、慢性の咳および出血の治療などに漢方では用いられるようです。(人間の話)

料理方法としては、煮込みが最適です。旨味がまして美味しく滋養がつきます。

灰汁はしっかり取り除いて下さいね♪

 

【猪の肺】 https://www.fore-ma.com/products/305

 

猪の腎臓

「マメ」とも呼ばれますね。

 

新鮮なものはシャキシャキとした歯ごたえと独特の強い旨味がありとても美味しいです。

これは焼いても美味しい。むしろ焼いて欲しい。

人間が食べても美味しい。

尿を作り出す臓器なためか、劣化が早いです。なので、解凍後は即美味しく使い切ってください!

腎臓は、牛においては「レバーにつぐ栄養素」とも言われており、豊富なビタミンB群や鉄分を含みます。

 

【猪の腎臓】https://www.fore-ma.com/products/295

 

新鮮で希少な猪の内臓を是非グルメなワンちゃん猫ちゃんにこそ食べてもらいたいので、

在庫があるうちにお早めにご購入いただけると猪もわんこもニャンコも喜びます😊

ご購入は下記のリンクよりどうぞ!

 

【猪の肺】 https://www.fore-ma.com/products/305

【猪の腎臓】https://www.fore-ma.com/products/295

 

 

関連商品のご案内

鹿のラングジャーキー
鹿のラングジャーキー

特に歯の少なくなってきた老犬や、噛むことを諦め始めた晩年の愛犬/愛猫にも試していただきたい逸品です。 噛む力はすなわち生きる力。自然界とダイレクトに

Related Posts

鹿のボーンブロスも登場しました
鹿のボーンブロスも登場しました
猪のボーンブロスに引き続き、鹿のボーンブロスが登場しました。 国産野生種の鹿の骨を、ただグツグツ煮込んだだけの、何も足さない天然のスープ。350ccと500ccの2サイズでお届けします。 
Read More
猪のボーンブロス 濃厚バージョンが登場しました
猪のボーンブロス 濃厚バージョンが登場しました
老犬の栄養補給や腸内ケアにも活躍する、猪のボーンブロス(骨のスープ)に「濃厚バージョン」が登場しました。 濃厚バージョンは少量しか製造できないため、在庫があった際には前向きにご検討ください。
Read More
よく分かる! 犬と猫の酪酸菌のお話
よく分かる! 犬と猫の酪酸菌のお話
健康志向の高い人たちから注目されている「酪酸菌(らくさんきん)」。近年では愛犬用/愛猫用に酪酸菌サプリの需要が増えてきたため、「犬と猫の酪酸菌」についてまとめてみたいと思います。
Read More
記事一覧に戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。