犬と猫の乳酸菌の話

犬と猫の乳酸菌の話

誰もが知る乳酸菌。ところが「乳酸菌って何?」の質問に答えられる人は多く無いのではないでしょうか? ここでは、乳酸菌のおおまかな概要をサラリと解説します。

結局、乳酸菌って何なんですか?

乳酸菌の定義

乳酸菌とは、餌を食べ乳酸を生み出す細菌たちの総称です。具体的には、糖から50%以上の乳酸を代謝する細菌たちの総称として「乳酸菌」という言葉が使用されています。

乳酸菌は2021年にも再分類が行われ、現在では400種以上が知られています。

一般的には「ラクトバチルス属」を中心とした細菌たちが乳酸菌として商品化されている事が多く、乳酸菌種の中からさらに独自の株を選定したブランディングが、大手企業を中心に行われています。  

関連記事:猫に乳酸菌はデメリットがあるか?

乳酸菌の働き

乳酸菌の役割は整腸です。お腹の調子が良くなる事が多いです。もう少し詳しくいうと、例えば酢酸を生み出す事で腸内のphを下げ、弱酸性に傾けます。

病原性細菌はアルカリ性を好む傾向があり、逆に弱酸性だと増殖しにくいため、結果として感染症抑制につながります。お漬物が腐らないのも原理は同じで、腐敗菌らの増殖を防ぎます。

またバクテリオシン(※)と呼ばれる産生物質は宿主にとって有用な働きをする事が多く、こうした一連の働きによって、いわゆる「善玉菌」としての地位を不動のものにしています。(※ロイテリ菌のロイテリンなどが有名です)

関連記事:植物乳酸菌って何だろう?

健康個体と,そうでない個体の乳酸菌

健康な個体は乳酸菌を多めに保有する傾向がありますが、量と共に重要なのが多様性です。

多種類の乳酸菌を多く保有している個体の腸内では、多くの場合、「ウェルシュ菌」や「レンサ球菌」といった病原性細菌たちが減少します。

一方で、疾患の個体の腸内では乳酸菌群は枯渇に近いか、もしくは検出があっても多様性がとても低いか、の2パターンに集約される傾向があります。

大半のメーカーが自社乳酸菌の1種をPRしますが、それは最善の方法ではないと考える事ができます。

愛犬/愛猫の乳酸菌を増やすには?

腸内に保有する乳酸菌たちを増やし育てるには、複数の乳酸菌製品、そして複数の発酵食品が有益な選択肢です。

人間の場合、身近にあるものを手当たり次第試しながら、体に合うものを探してみるのがいいですね。

一方、犬や猫の場合、塩分の問題からも選択肢が減ってしまいます。とは言え、自家製で糠漬けなどをつくり、乳酸菌が増えてきた段階で小分けにし、別途材料を足していく事で減塩+発酵が可能です。他にも、信頼できるメーカーの乳酸菌サプリを併用する事で、腸内の乳酸菌群育成は十分可能です。

関連商品:犬と猫の乳酸菌サプリ「ラクトマン」

乳酸菌が目的となってはいけない

乳酸菌は、キャッチコピーとして乱用されがちです。乳酸菌を吟味し続ける中で、いつの間にか乳酸菌自体が目的になる時があるかもしれません。

乳酸菌は、腸内環境正常化のための、あくまで1つのパーツです。それ自体が目的にってしまう事は避けたいものですね。

関連ページ:犬と猫の乳酸菌/整腸サプリ一覧

ブログに戻る

腸内細菌解析 一覧

1 4

腸内細菌ケアサプリ

腸内細菌から健康課題に取り組む、成分を厳選したオリジナルサプリです。愛犬/愛猫用の乳酸菌サプリやオリゴ糖類を主軸としたプレバイオティクスサプリなど、自社ラボでの細菌研究に基づいた腸内ケアサプリをお届けします。
1 4