IBDのケアにも。酪酸産生菌を育てるペット用サプリ

犬と猫のIBD(炎症性腸疾患)サプリについて

Foremaでは、Microbiome Care(マイクロバイオームケア)シリーズとして、愛犬/愛猫の腸内環境改善サプリを扱っています。

この頃では、特にIBD(炎症性腸疾患)やアルブミンの低下でお悩みの方からのご購入/お問い合わせが増えている一方で、懸念事項もいくつか存在するため、あらためてここに明記します。

IBDにも様々なタイプが存在する

「動物病院でIBDと診断された。IBD用のサプリが欲しい」といったご要望をしばしば頂きます。が、これだけだと本当に必要なサプリは判断ができません。なぜなら..

IBDとは、炎症による腸疾患全般を指す「総称」なので、個別では事情が異なることが多いです。ヒトの場合であれば、主に「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」の事を指しますが、犬や猫の場合は「IBDの疑い」や「蛋白漏出性腸症」または「アルブミンが大幅に低下している」といった婉曲的な表現の場合もあります。

これに対して「効くサプリを!」というのは急ぎすぎなので、ワンクッション置く必要があります。

今、腸内で何が起きているかを知る

ペットのIBDは「リンパ球プラズマ細胞性結腸炎」「好酸球性胃腸炎」などいくつかの区分が存在するのですが、これらは腸内の異変の違い、さらに言うと腸内細菌の増減の違いとも表現できます。

Foremaの腸内細菌解析サービス「byOm(バイオーム)」では、IBDと診断された飼い主さんからの依頼も多いのですが、やはり腸内細菌の組成は同一ではなく、複数のパターンか存在します。

炎症を促進させるグループの増加

基本的には炎症を「促進させる細菌グループ」が極端に増加している場合が多いのですが、そのグループにもさらに何パターンかあります。逆に、炎症を「抑制するグループ」が極端に減ってしまったため、結果的に深刻な炎症に繋がっているというケースもあります。

また、腸内細菌の組成バランスが大きく崩れている一方で、一般的なIBDでは見られないパターンの子もいます。(これはIBDではなく、別の疾患が"IBD疑い"として診断された可能性もあります)

つまり、サプリを求める前に、まずは腸内環境の詳細を把握するというプロセスは不可欠です。Foremaが「byOm(バイオーム)」を強く推奨している理由がまさにここです。

SIBOの併発

IBDの個体はSIBOを併発している事が多いとされています。SIBOとは小腸内細菌増殖症のことで、小腸で腸内細菌が異様に増えてしまい、腹痛や嘔吐などの不具合が起きてしまう現象です。腸内細菌は大半が大腸に生息しており、小腸には本来はそこまで多くは存在しないのですが、SIBOではどういうわけか大腸に生息しているグループまでが小腸で大きく増加してしまいます。

IBDとの併発が多いという点を見ても、大腸の問題が小腸に影響を与えている側面は大きいように思えます。こういう個体に腸内環境改善のサプリ(プレバイオティクス)を与えると、小腸で増えている「居場所を間違えた細菌たち」がさらに活性化してしまい、症状が悪化することがあります。

その意味でも、今何が起きているかの把握が必要なのです。

SIBOの治療方法は「低FODMAP食」が優先とされていますが、一方でこれだと大腸のケアが難しいという点もあるため、根本の解決は難しい可能性があります。

よって、大腸のケアと同時進行が最善と考えられますが、そのためにも腸内の可視化は必須項目と言えます。それらを把握する事が最善とした上で、Foremaでは下記のサプリ群を販売している次第です。

※SIBOはプロバイオティクスとプレバイオティクスの併用 = シンバイオティクスで改善の報告があります

マイクロバイオームケア 商品一覧

ペットの腸内細菌を良い方向に導く、有益な商品/成分をご紹介します

愛犬,愛猫のための腸内細菌解析

関連記事

愛犬、愛猫の腸内細菌を見える化!「byOm(バイオーム)」販売開始です

犬と猫の腸内細菌/腸内フローラ解析サービス「byOm(バイオーム)」リリース

犬と猫の歯周病/口臭予防サプリ「口腔免疫Oral(オーラル)乳酸菌」発売

記事一覧に戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。